男の人

地震を予測できれば被害を最小限に押さえることが可能

  1. ホーム
  2. 災害の予想は不可能か

災害の予想は不可能か

屋根

地震の予知とは

関東地方では、地震が来ると言われていますが、たいてい地震が起こるのは関東地方以外です。大きな被害を受けている地方は全く予測ができていなかったわけではありませんが、地震が起こるといわれている確率が低い場所が実際起き、地震に見舞われています。現代において関東地震の予測は、30年以内に70パーセントという予測になります。実はこの関東地震に対する予測は、昔から言われていたことで、30年以内に70パーセントという数字は変わっていません。このように考えると、明確に関東地震を予想するのは現在のところ難しいのが現状です。ただ、まったく前兆がないというわけではないのです。では地震が起こる前兆はどのようなものがあるでしょうか。

おおよそ三つから判断する

関東地震をはじめ日本中の地震が起こるきっかけは、まず一つは小さな揺れが増えた場合です。実際東日本大震災の時も、直前に小さな揺れがかなり増えています。しかしこれだけで断定することはできません。なぜなら小さな揺れが増えても、本震が来なかったということもたびたびあるからです。次に、水やガス、電磁波などを調べています。これらに異常がある場合もやはり地震が起きる可能性が高いといえます。最後に、動植物を観察し、普段と違う状態であれば、地震が起こる可能性も高いということです。このように兆しはありますが、日時や震度などは、自然が相手である以上を明確に予想をするのは現段階では難しく、その代りおおよその場所やマグニチュードなどはある程度特定できるようになってきています。