男の人

地震を予測できれば被害を最小限に押さえることが可能

  1. ホーム
  2. 防災の心構え

防災の心構え

困る人

防災と避難

日本は地震大国です。大規模な地震が発生すると、その被害は甚大なものになります。海岸沿いでは津波が発生する恐れもあります。今、自分がいる場所の地理や地形、交通手段、公共施設の場所などの情報を元に、いざと言う時にはどのように避難するかを想定しておくのが大事です。地震を予測することにより避難することができます。しかし、地震予測することは非常に難しいものです。地震の予測に関しては、色々な情報があります。これらの予測情報を知り、活用することが大事です。気象庁は、全国に地震計を設置して観測しています。気象庁のホームページでそれらの情報を見ることができます。発表する地震情報には、予知情報、注意情報、調査情報があります。

警戒宣言

地震を防ぐことはできません。しかし、人的被害は最小限にしなければなりません。そのために、予測をして情報を伝えます。多くのデータを元に予測をしていますが、予測することは非常に難しいです。気象庁は観測データに異常をを検知した場合、3段階の発表をします。観測データが通常と違う変化があった場合は、カラーラベル青で発表されます。今すぐに危険があると言うことではありません。観測データが、地震の前兆現象の可能性が高まるとカラーラベル黄となります。地震が発生する恐れがある場合はカラーラベル赤となります。内閣総理大臣から警戒宣言が発せられます。テレビやラジオの情報に注意して対応することが大事です。予測を元に行動することが大事です。