作業員

地震を予測できれば被害を最小限に押さえることが可能

科学的技術はない

作業員

完璧なものはない

地震大国である日本は、小さい地震であれば、どこかの地域でほぼ毎日のように起きています。色々な情報で地震の予測が見られますが小さい地震では当たったということになります。しかし、大きな災害をもたらすようなものでは現在の技術では難しいと考えられています。予測や予知は、場所、時間、大きさがわかっていることが必要です。近年では予測の技術が発達し、百パーセントではないもののある程度の予測が可能となっています。大きな地震も最新技術によってある程度の予測をすることができます。特に監視体制の整っている地域は東海地方とされていますが、確実な日時の計測は難しいといえどもいずれはそれが可能になるような取り組みが行なわれています。

準備をすることが大事

地震には前兆のようなものがある場合もありますが、急激な前兆では情報の発信も遅れてしまいます。このことから、常に備えは必要です。予測や予知を神経質に考える事は必要はないと思われますが、準備は重要な事です。昔から、地震の予測などの方法で動植物の行動や雲の形などで予知などをできた話があります。動植物では、感覚的には人間よりもかなり優れたものが備わっています。しかし、場所の環境や気候などの影響などで地震以外の変化でも反応をすることもあり、科学的には証明ができません。雲の形での判断では、その地域の地形や気象状況の影響もあるのでこの方法も確実とは言えません。日本では、どこの地域でも大きな地震は起きる可能性があります。そのことから、準備と心構えは必要です。

大規模災害に備える体制

景色

色んな自然災害の中でも、一度に多くの人を犠牲にするのが地震です。この地震を予知することができれば、犠牲者を減らすことができると考えられています。そのため、日本でも予知観測が行われているのです。

災害の予想は不可能か

屋根

関東地震の予測は難しいですが、全く予測はできないわけではありません。まず小さな揺れを確認し、ガスや電磁波などを確認します。さらに動植物の異常性についても確認し、これらが普段と違えば地震が起こる可能性があります。

防災の心構え

困る人

大規模な地震が発生するとその被害は甚大なものになります。被害を最小限に防ぐためにも地震予測が不可欠です。いざ地震が発生した時に的確に避難できるように、事前に予測情報を知り、避難の為の準備をしておくことが大事です。